ダブル・インパクト 明治ニッポンの美 「東京藝術大学」×「ボストン美術館」

見どころ
  • 時代と章分け
  • プロローグ 黒船が來た!
  • 第1章 不思議の國JAPAN
  • 第2章 文明、開花せよ
  • 第3章 西洋美術の手習いたち
  • 第4章 日本美術の創造
  • 第5章 近代國家として
  • プロローグ 黒船が來た!
  • 第1章 不思議の國JAPAN
  • 第2章 文明、開花せよ
  • 第3章 西洋美術の手習いたち
  • 第4章 日本美術の創造
  • 第5章 近代國家として
プロローグ 黒船が來た!
それはまさに西洋衝撃(ウェスタン・インパクト)であった。1853(嘉永6)年、ペリー提督率いるアメリカ艦隊が浦賀に来航し日本との通商を求めてきた。西洋文明の圧倒的な力に驚きながら、日本人はそれを必死に学ぼうとしていき、時代は大きくうねり始めた。日本人の慌てぶりや好奇心、あるいは奮闘の姿をひしひしと写し出しているのが幕末明治期の浮世絵である。プロローグでは、黒船来航から怒濤のように続く開港、開国、倒幕、大政奉還、文明開化という激動の時代を取り上げる。日本人は何を見て、何を描いたのか。そして来日した外国人も何を感じ、何を故郷に伝えようとしたのか。日本人の視点のみならず、来日した外国人の視点をまじえた諸作品によって追体験する。この激動のエネルギーこそ、明治の美術を生み出すエネルギーでもあった。

1850

1860

1870

1853年(嘉永6) 
ペリー艦隊、
浦賀に来航

1854年(嘉永7) 
日米和親条約締結

1858年(安政5) 
日米修好通商条約
締結

ペルリ浦賀上陸図

|ペルリ浦賀上陸図|(部分)

19世紀後半 27.6×536.3cm
William Sturgis Bigelow Collection RES.11.6054
1853年(嘉永6)、浦賀に来航したペリー艦隊の様子を記録した資料。
作者は不詳だが、情報を出来るだけ正確に写し取ろうとしている。

1862年(文久2) 
生麦事件

1863年(文久3) 
薩英戦争

1867年(慶応3) 
大政奉還

花魁(美人)

高橋由一(1828-1894)
|花魁(美人)|

1872年(明治5) 77.0×54.8cm
新吉原の花魁、小稲を描く。新技術であった油絵の技法に果敢に挑戦し、迫真的な肖像画を描こうとした。

重要文化財東京展のみ出展

1873年(明治6) 
キリスト教解禁

横浜波止場ヨリ海岸通異人館之真図

三代歌川広重(1842-1894)
|横浜波止場ヨリ海岸通異人館之真図|

1875年(明治8) 37×74.4cm
Jean S. and Frederic A. Sharf Collection 2000.506a-c
開港まもなく、横浜には外国人居留地がつくられ、街並みは劇的に変化した。明治初年の海岸通りにはすでに多くの洋館が建ち並んでいる。

初公開!浴湯図

高橋由一(1828-1894)
|浴湯図|

1878年(明治11) 25.0×35.2cm
大勢が一緒の風呂に入る日本の風習は、西洋人には衝撃的であった。
報道画家として来日したワーグマンは、その様子を的確に描写していた。
原本は伝わらないが、ワーグマンに師事した高橋由一による珍しい模写作品である。新出作品として、本展が初公開となる。

  • プロローグ 黒船が來た!
  • 第1章 不思議の國JAPAN
  • 第2章 文明、開花せよ
  • 第3章 西洋美術の手習いたち
  • 第4章 日本美術の創造
  • 第5章 近代國家として
Photographs ⓒ 2014 Museum of Fine Arts, Boston.

pagetop