ボストン美術館

1876(明治9)年に開館した美術館。10万点以上の日本美術のコレクションを誇る(東京国立博物館の収蔵品数が11万件以上と公表されていることを考えると、その多さがわかる)。明治10年代に来日したアーネスト・フェノロサ、ウィリアム・スタージス・ビゲロー、そしてボストンにわたった岡倉天心らが収集した作品は質が高く、なかには日本にあれば国宝に指定されるレベルの作品もある。

ボストン美術館 1890年頃(明治23年頃)