東京藝術大学

1887(明治20)年に設置され、89年に開校した東京美術学校を母体とする。横山大観から村上隆まで、名だたる芸術家を輩出。教官や卒業生が残した作品のほか、美術教育の参考品として収集してきた古美術作品や模本類を保存、研究、公開している。ちなみに、開校当初、岡倉天心の好みで奈良時代の服をかたどった制服が採用されたが、生徒には不評だったらしい。

東京美術学校 1900年頃(明治30年代初頭)