河鍋暁斎(1831~89)

幕末から明治にかけて活躍した絵師。浮世絵の歌川国芳のもとで学んだ後、狩野派の門を叩いた異色の経歴の持ち主。山下団長曰わく「東京藝術大学日本画科を卒業してから漫画家になるようなもの」。武家好みの狩野派スタイルから、庶民のための浮世絵スタイルまで自在に操った。長らくその存在は歴史に埋もれていたが、近年脚光を浴びつつある。曾孫である河鍋楠美氏が設立した河鍋暁斎記念美術館(埼玉)で、いつでもその作品を見ることができる。