柴田是真(1807~91)

幕末から明治にかけて活躍した蒔絵師、絵師。
下絵から蒔絵まで全工程を一人で手がけることで、独特の洒脱なデザインを高い技術で作品化した。一見ただの木の板だが、じつは紙に漆を木目調に塗った漆絵(うるしえ)や、古びた墨の塊を漆で再現した印籠など、是真の作品に派手さはないが、くすっと笑ってしまうような仕掛けが随所に散りばめられている。