高橋由一(1828~94)

最初日本画を学んだが、石版画に感銘を受け洋画に目覚める。蕃書調所(ばんしょしらべしょ)画学局に入局した後、イギリス人の挿絵画家チャールズ・ワーグマンに入門。浮世絵で馴染みの名所や魚などの日常のモチーフを描き、油絵の普及に努めた。とくにこだわったのが質感の描写。焼き豆腐や油揚げを描き分ける《豆腐》(本展には出品されていません)は、その最たる例である。当時博覧会を開催していた香川の金刀比羅宮(ことひらぐう)に、自らが主催する画塾の拡張資金の援助を依頼。そのときに奉納した作品が現在も金刀比羅宮内の高橋由一館で公開されている。