風神・雷神

風と雷を神格化したもの。京都・三十三間堂に彫刻があるが、何よりも有名なのは俵屋宗達が描いた建仁寺所蔵の《風神雷神図屏風》だろう(じつはこの屏風にサインやハンコはないのだが、誰も宗達筆であることを疑っていない)。その後、尾形光琳や酒井抱一など、宗達を尊敬する琳派の画家が繰り返し描き、画題として定着している。本展には、河鍋暁斎が描いた掛け軸形式の《風神・雷神》が展示されている。